Top/Devel/OculusRift/VRChat

VRChatはてなブックマーク

VRChat用超シンプル素体

screenshot_metasequoia05.png

VRChat、楽しい。
自作のアバターだとより楽しい。
そんな自作アバターの補助として、MetasequoiaBlenderでいじれる素体を用意しました。


VRChat用超シンプル素体

   2018-04-26:身体のUVを整理した。
   2018-04-27:ひじに頂点を追加した。(曲がり方が自然に見えるようにするため)
          頭部の頂点を分離した。(エッジを立てるため)
          全身のバランスを微調整した。
          body.jpgに説明を追加した。
   2018-06-01:m_bodyをあらかじめ設定済みの状態にした。
          Blender用ファイル、FBXファイルを追加。


この素体ファイルについては、著作権を放棄する(※1)ので、適当に使ってください。

いわゆるフリー素材(無料素材)です。

プロポーションの変更や面の分割・追加などの改変、再配布も可です。

なお、利用の際には、著作権など、他者の権利を侵害しないようにお願いします。


利用例はこちら


ちなみに、VRChat以外での利用も可能です。

UnityUnreal Engine 4などでのゲーム制作などでも、ご自由にご利用ください。


※1. 以下に前述の「著作権を放棄する」という記述の内容を説明します。
     本データは、営利/非営利目的にかかわらず、無償で使用できる。
     なお、作者は、本データの全ての著作権並びに翻案権を放棄し、
     非人道的利用でない限り、著作者人格権の行使はしないものする。
     さらに、本データの利用で生じたいかなる損害からも免責されることする。

素体データの使い方

下記3種類のファイルがあります。


Metasequoia用ファイルを使用する場合 Permalinkはてなブックマーク

Standardライセンスを購入する必要があります。

(以前の説明が誤っており、大変失礼いたしました。)


Metasequoiaでの作業(mqo→fbx変換)

  1. Metasequoia32ビット版をインストールする。
    (後述のFBXエクスポータプラグインが64ビット版には対応していないため、32ビット版をインストールする必要がある)
  2. FBXエクスポータプラグインをダウンロードする。
  3. FBXエクスポータプラグインのZIPファイルを展開する。
  4. Metasequoiaを起動する。
  5. メニューの[ヘルプ]>[プラグインについて]をクリックする。
  6. [インストール]をクリックする。
  7. 先ほど展開したFBXExporter.dllを選択する。
  8. Metasequoiaで素体のmqoファイルを開く。
  9. (好きな加工をする)
  10. メニューの[ファイル]>[名前をつけて保存]をクリックする。
  11. [ファイルの形式]で[FBX(*.fbx)]を選択し、[保存]をクリックする。
    (このとき[ [EX]Autodesk FBX (*.fbx)]を選ばないように注意する。この機能はEXライセンス版のみの機能です。)

Mixamoでの作業(リギング)

screenshot_mixamo.png
  1. Mixamoにログインする。
  2. [Upload Charactor]をクリックし、先ほどのFBXファイルをアップロードする。
  3. [NEXT]をクリックする。
  4. [CHIN]マークを顎にドラッグアンドドロップする。
  5. [WRISTS]マークを手首にドラッグアンドドロップする。
  6. [ELBOWS]マークを肘にドラッグアンドドロップする。
  7. [KNEES]マークを膝にドラッグアンドドロップする。
  8. [GROIN]マークを股間にドラッグアンドドロップする。
  9. [NEXT]をクリックする。
  10. [NEXT]をクリックする。
  11. [NEXT]をクリックする。
  12. [DOWNLOAD]をクリックする。
  13. [Format]で[FBX for Unity]を選択する。
  14. [DOWNLOAD]をクリックする。


Unityでの作業(ボーン設定の修正とVRChatへのアップロード)

  1. Unityをインストールする。
    (2018年4月15日現在は5.6.3p1をダウンロードするのがベスト)
  2. [New]をクリックする。
  3. [Project Name]に任意の名称を入力する。
  4. [Create Project]をクリックする。
  5. icon.jpgをプロジェクトのフォルダにコピーする。
    (アイコンを自分のTwitterアイコンなどに変えたい場合は、任意のPNGファイルをicon.jpgという名称でコピーしてください)
    (また、身体の絵柄については、body.jpgを修正し、同様にコピーてください。身体の絵柄が不要な場合は、コピーしないでください。)
  6. MixamoからダウンロードしたFBXファイルをプロジェクトのフォルダにコピーする。
  7. 下ペインでFBXファイルをクリックする。
  8. 右ペインで[Animation Type]を[Humanoid]に変更する。
    screenshot_unity.png
  9. 右ペインで[Configure]をクリックする。
  10. 右ペインの[Chest]に左ペインのSpine2をドラッグアンドロップする。
  11. 右ペインの[Upper Chest]をクリックし、Deleteキーを押す。
  12. 右ペインの[Done]をクリックする。
  13. FBXファイルを左ペインドラッグアンドドロップする。
  14. VRChat SDKをダウンロードする。
  15. メニューの[Assets]>[Import Package]>[Custom Package]をクリックする。
  16. VRChat SDKを選択し、インポートする。
  17. 右ペインの[Add Component]>[Scripts]>[VRSDK2]>[VRC_Avatar Descriptor]をクリックする。
  18. 右ペインの[View Position]を1.6から1.9くらいに変更する。
  19. メニューの[VRChat SDK]>[Show Build Control Panel]をクリックする。
  20. [Build & Publish]をクリックする。
  21. [Avatar Name]に任意の名称を入力する。
  22. [The above information〜]のチェックボックスを有効にする。
  23. [Upload]をクリックする。

VRChatでの作業(アバター変更確認)

  1. VRChatにログインする。
  2. メニューを開く。
  3. [Avatar]を開く。
  4. [Personal]から、今アップロードしたアバターを選択する。
  5. [Change]をクリックする。


これで、アバターが超シンプル素体のアバターに切り替わる。

Blender用ファイルを使用する場合 Permalinkはてなブックマーク


Blenderでの作業(blend→fbx変換)

  1. Blenderをインストールする。
  2. Blenderを起動する。
  3. Blenderで素体のblendファイルを開く。
  4. (好きな加工をする)
  5. メニューの[File]>[Export]>[FBX (.fbx)]をクリックする。
  6. [Export FBX]をクリックする。


Unityでの作業(ボーン設定の修正とVRChatへのアップロード)

  1. Unityをインストールする。
    (2018年4月15日現在は5.6.3p1をダウンロードするのがベスト)
  2. [New]をクリックする。
  3. [Project Name]に任意の名称を入力する。
  4. [Create Project]をクリックする。
  5. icon.jpg、body.jpgをプロジェクトのフォルダにコピーする。
    (アイコンを自分のTwitterアイコンなどに変えたい場合は、任意のPNGファイルをicon.jpgという名称でコピーしてください)
    (また、身体の絵柄については、body.jpgを修正し、同様にコピーてください。身体の絵柄が不要な場合は、コピーしないでください。)
  6. BldenderからエクスポートしたFBXファイルをプロジェクトのフォルダにコピーする。
  7. 下ペインでFBXファイルをクリックする。
  8. 右ペインで[Animation Type]を[Humanoid]に変更する。
    screenshot_unity.png
  9. 右ペインで[Configure]をクリックする。
  10. 右ペインの[Chest]に左ペインのSpine2をドラッグアンドロップする。
  11. 右ペインの[Upper Chest]をクリックし、Deleteキーを押す。
  12. 右ペインの[Done]をクリックする。
  13. FBXファイルを左ペインドラッグアンドドロップする。
  14. VRChat SDKをダウンロードする。
  15. メニューの[Assets]>[Import Package]>[Custom Package]をクリックする。
  16. VRChat SDKを選択し、インポートする。
  17. 右ペインの[Add Component]>[Scripts]>[VRSDK2]>[VRC_Avatar Descriptor]をクリックする。
  18. 右ペインの[View Position]を1.6から1.9くらいに変更する。
  19. メニューの[VRChat SDK]>[Show Build Control Panel]をクリックする。
  20. [Build & Publish]をクリックする。
  21. [Avatar Name]に任意の名称を入力する。
  22. [The above information〜]のチェックボックスを有効にする。
  23. [Upload]をクリックする。

VRChatでの作業(アバター変更確認)

  1. VRChatにログインする。
  2. メニューを開く。
  3. [Avatar]を開く。
  4. [Personal]から、今アップロードしたアバターを選択する。
  5. [Change]をクリックする。

FBXファイルを使用する場合 Permalinkはてなブックマーク


Unityでの作業(ボーン設定の修正とVRChatへのアップロード)

  1. Unityをインストールする。
    (2018年4月15日現在は5.6.3p1をダウンロードするのがベスト)
  2. [New]をクリックする。
  3. [Project Name]に任意の名称を入力する。
  4. [Create Project]をクリックする。
  5. icon.jpg、body.jpgをプロジェクトのフォルダにコピーする。
    (アイコンを自分のTwitterアイコンなどに変えたい場合は、任意のPNGファイルをicon.jpgという名称でコピーしてください)
    (また、身体の絵柄については、body.jpgを修正し、同様にコピーてください。身体の絵柄が不要な場合は、コピーしないでください。)
  6. FBXファイルをプロジェクトのフォルダにコピーする。
  7. 下ペインでFBXファイルをクリックする。
  8. 右ペインで[Animation Type]を[Humanoid]に変更する。
    screenshot_unity.png
  9. 右ペインで[Configure]をクリックする。
  10. 右ペインの[Chest]に左ペインのSpine2をドラッグアンドロップする。
  11. 右ペインの[Upper Chest]をクリックし、Deleteキーを押す。
  12. 右ペインの[Done]をクリックする。
  13. FBXファイルを左ペインドラッグアンドドロップする。
  14. VRChat SDKをダウンロードする。
  15. メニューの[Assets]>[Import Package]>[Custom Package]をクリックする。
  16. VRChat SDKを選択し、インポートする。
  17. 右ペインの[Add Component]>[Scripts]>[VRSDK2]>[VRC_Avatar Descriptor]をクリックする。
  18. 右ペインの[View Position]を1.6から1.9くらいに変更する。
  19. メニューの[VRChat SDK]>[Show Build Control Panel]をクリックする。
  20. [Build & Publish]をクリックする。
  21. [Avatar Name]に任意の名称を入力する。
  22. [The above information〜]のチェックボックスを有効にする。
  23. [Upload]をクリックする。

VRChatでの作業(アバター変更確認)

  1. VRChatにログインする。
  2. メニューを開く。
  3. [Avatar]を開く。
  4. [Personal]から、今アップロードしたアバターを選択する。
  5. [Change]をクリックする。

進んだ使い方(身体の絵柄)

vrchat_sample_avatar_body05.jpg

素体の身体部分のテクスチャ用のガイド画像をbody.jpgとして添付しました。

このガイドに沿ってテクスチャ画像を描き、
それをm_bodyという材質(マテリアル)に設定すると、
身体部分についても、絵柄を設定することができます。

進んだ使い方(リップシンク)

リップシンクを有効にしたい場合は、上記手順に加えてBlenderを使うとよいです。

  1. MixamoからFBXファイルをダウンロードした後、BlenderにFBXファイルを取り込む。
  2. シェイプキーを設定する
    シェイプキーの基本 : いろはメモ -Blender-【Blender】シェイプキーとは?【アニメーションで変形】 を参照)
  3. fbx形式で保存する。
  4. このFBXファイルをUnityに持っていった後は、先ほどの手順と一緒。

素体の利用例 Permalinkはてなブックマーク

動く城のフィオさんが、素体をより簡単に使えるようにした上で、解説動画を作成してくださいました。



Unitypackageになった状態からスタートするので、より簡単に使うことができます。

参考

Amazon

差分 一覧